宣伝とのぼり

のぼりは宣伝のために使用される場合もあります。しかし、宣伝用ののぼりは立て方によってはしばしば人々の邪魔になります。

のぼりの目的

宣伝とのぼり

長い竿と布を使ったのぼりはカラフルな色とその大きさによって、多くの人々の目を引きつけます。

のぼりの近くを通る人々の視界に無意識のうちに入ってきます。

そのため、宣伝のために使用される場合も多いです。

店の店頭に商品名やキャンペーンを知らせるのぼりを立て、そこを通る人々に宣伝を行います。

これによって、人々はその店の商品やキャンペーンに興味を持ち、引きつけられます。

また、選挙等の街頭演説の際にも候補者の名前や政党名や政策を書いたのぼりを立て、そののぼりの近くで演説を行うことがあります。

のぼりによって、候補者の名前や政党名や政策が、街頭演説を聴いていた人々の印象に残らせる効果があります。

※"のぼりの宣伝効果とその歴史"というサイトでも詳しく紹介しているので、興味があったらご覧ください。→http://itieflies.com/

しかし、のぼりは役に立つだけではありません。

立て方によっては、しばしば宣伝用ののぼりは、直接その宣伝したい店や選挙等と関係のない一般の人々にとっては、邪魔な物として扱われてしまうのです。

それはどのような場合かというと、大きな宣伝効果を狙うために店頭や街頭演説会場から離れ、通行の妨げになるような場所にのぼりを立てた場合。

その大きさゆえに、強風等で倒れてしまうと通行人に危害が及ぶ恐れがあるにも拘らず、しっかりと固定をせずにのぼりを立ててしまう、などです。

せっかく立てるのですから、きちんと宣伝になるように立てたいものですね。

< 関連情報サイト>
中部マーケティング協会

Copyright (C) www.shooptoshape.com. All Rights Reserved.

のぼりの目的