大相撲とのぼり

大相撲が開催される会場では、力士のしこ名が書かれた大きく、カラフルなのぼりが人々の目を引きつけます。

のぼりの目的

大相撲とのぼり

大相撲は日本の国技として、日本国内だけではなく世界中の多くの人から人気を集めています。

1年に6回の本場所に加えて、地方都市を含めた様々な場所で巡業が行われています。

これらの大相撲が開催される場所の入り口付近でまず目につくのがのぼりです。

多くの種類の色を使用した鮮やかな色使いで力士のしこ名が書かれたのぼりが掲げられています。

大相撲で使用されるのぼりは黒い文字の使用を避けながら、多くの種類の色を使用し、カラフルに仕上げられています。

力士は日頃から稽古を重ね、負けないように体を鍛錬してきますが、勝負には何が起こるか分からないため、縁起を担ぐ力士も多いです。

カラフルに仕上げているのはこの縁起を担ぐためとも言われています。

相撲は1回きりの勝負であり、力士はその日1日1日にかけて勝利を掴み、白星を重ねようと取り組んでいます。

このことから、のぼりには負けを意味する黒星を連想させる黒い色を使った黒文字を使用することを避けています。

大相撲で掲げられるのぼりは高さが5メートル40センチもあり、空に向かって掲げられたのぼりはとても見応えがあります。

高さに加えて、使用されている多彩な配色が多くの人々の目を引きつけます。

大きなのぼりが風になびき、音をたてている姿は大相撲の雰囲気を盛り上げています。

< 関連情報サイト>
中部マーケティング協会

Copyright (C) www.shooptoshape.com. All Rights Reserved.

のぼりの目的