神社とのぼり

神社での祭祀の重要なもののひとつとして祭があります。この祭を地域の人々に告知する役目としてのぼりが使用されています。

のぼりの目的

神社とのぼり

日本国内には数多くの神社があります。

その神社の多くは歴史の深いものばかりです。

人々は時代の流れや時間の経過と共に、技術や知識を身に付け、より生活をしやすくしようと、土地を開発し、山を切り開き、古い建物を取り壊して一帯に多くの新しい建物を建ててきました。

しかし、その際にもその土地に存在していた神社だけは多くの場合、取り壊さずに守ってきました。

これらの歴史が深い神社では様々な節目に例祭や例大祭と言われる祭が行われています。

これらの祭は神社における祭祀の中で重要なもののひとつであり、それぞれの神社によって日が決められています。

その祭の際に使用されているのがのぼりです。

こののぼりは祭の告知のために掲げられています。

のぼりを見た地域の人々は祭への気分を盛り上げていきます。

神社に掲げられるのぼりの文字はそれぞれ神社によって異なります。

その神社に祀られている神の名が書かれている場合やその地域に伝わる言葉等、様々な文字があります。

これらの神社独自の文字が書かれたのぼりは、その神社伝統のものとして代々受け継がれていく場合が多いです。

この伝統ののぼりを見て、その地域の人々は祭への雰囲気を盛り上げていきます。

< 関連情報サイト>
中部マーケティング協会

Copyright (C) www.shooptoshape.com. All Rights Reserved.

のぼりの目的